センター長あいさつ

センター長が掲げるサクラの道

さくら国際高等学校

社会人として育つために、多くの到着先で求められる資格があります。到着先が数多くある以上、必要とされる知識や常識の習得方法を統一させることは出来ません。

進学を希望すれば大学・大学院・専門学校等、就業を希望すれば就職先で「高卒資格」を求められることは多く、現在の日本では、常識とも見なされています。

中学時代に躓いてしまった事で、将来を不安に過ごすのではなく、自らのペースで不安要素をなくしながら、無理なく「高卒資格」取得し、社会復帰を目指してもらうための学校を目指して開校しました。

さて、この「高卒資格」の取得方法ですが、小・中学校のように義務教育ではないため、自らで取得方法を選ぶことができます。一般的な方法として、全日制、定時制、通信制の高等学校を選択し、「資格」を取得します。

知多学習センターは、過去なかなか学校に通えなかった人を通いやすくするため、週3回1日4時間程の授業にて、通信制高校と連携し無理のない単位修得を可能とする授業カリキュラムを組み、遅れをとらないように個別対応にて教師が手厚く学習サポートします。

また、年に10回ほどの課外活動を実施して、校外で楽しみながら協調性を磨きながら社会経験を積み、無理のないレベルの資格取得にて、自信を身につける環境を準備している居場所であり「楽校」でもあります。

学力不足や年齢制限などはありません。また、悩んでいても苦しいですね。是非、みなさんの「高卒資格」取得だけでなく、将来の選択肢を広げるお手伝いをさせて下さい。

一人で悩まず、まずはご相談下さい。